婚約指輪の注意点!!結婚指輪ではない!!

婚約指輪と結婚指輪とは

結婚指輪と婚約指輪は違う物です。同じにしている人もいないわけではないですが、基本的には違う物を用意するべきです。それが大原則であり、基本でもあります。日常的につけるのが結婚指輪であり、プロポーズの時に使うのが婚約指輪です。ですから、婚約指輪は宝石をつけることが多いです。これは必須ではないですが、その方が見栄えがするのは確かです。宝石をつけている指輪の方が渡す時に雰囲気が出るのは確かなことになります。

どんな宝石にするべきか

最も人気がある宝石は、ダイヤモンドです。これは圧倒的であるといってもよいです。ですから、婚約指輪で多いのはダイヤモンドです。材質はゴールドかプラチナになります。ダイヤモンドは物凄く高価ではありますが、大きさ次第でもあります。実は人工的に作ることができる宝石でもありますが、人工物でなく、天然物であればしっかりとしたステータス性があります。価格帯としては、まさに様々であり、分限に見合った物を選ぶのが賢明です。

婚約指輪の費用的なこと

婚約指輪の値段ですが、一応の相場はあります。それが給料の三か月分と言う相場です。但し、これはイメージ戦略の一環で植えつけられたことなので、そこまで気にしないでも良いです。但し、かなり一般的な認識になっていますから、体面的にも守る人が多いのも確かです。極端に安い物ではないのであれば、特に問題はないです。しかし、受け取る側のことも考えるべきです。やはり、見栄もあるわけです。自分の格の一つの指標と考える女性が多いですから、恥にならない程度の価格にはするべきです。

婚約指輪は結婚するまでにつけるもので、結婚したあとは、パーティーなど華やかな場でする程度です。しかし最近は結婚指輪とセットのデザインになっている物もあり、両方したままという方も増えています。